広告

LignoSat2はマグノリアの木で作られます

京都大学スペースウッド研究室が開発した初の木製人工衛星「LignoSat2」が共同で打ち上げられる予定です。 JAXA そしてNASAは今年、マグノリアの木で作られた外部構造を採用する予定です。  

小型衛星(ナノサット)になります。  

京都大学スペースウッド研究室は、加工性、寸法安定性、全体的な強度が比較的高いことから、マグノリアを採用しました。 

アイデアは、木材が宇宙で使用できることを実証することです。  

これに先立ち、京都大学主導のプロジェクトが国際宇宙ステーション(ISS)で宇宙用木材の耐久性の高さを試験し、確認した。実験の結果、木製人工衛星用に選定されたサンプルは劣化が少なく、安定性が良好であることがわかりました。  

研究グループは、宇宙飛行士若田光一宇宙飛行士が木材サンプルを地球に持ち帰った後、強度試験や元素・結晶構造分析などの予備検査を実施した。試験の結果、過酷な環境下でもひび割れ、反り、剥離、表面損傷などの分解や変形がないことを確認した。著しい温度変化と、10ヶ月にわたる強烈な宇宙線や危険な太陽粒子にさらされる宇宙環境。 3 つの木材試験片は宇宙曝露後に変形を示さなかった。実験結果では、宇宙曝露の前後で各木材試験片に質量変化がないことも確認された。これらの結果に基づいて、研究グループはマグノリア材を使用することを決定しました。  

リグノステラ宇宙木材プロジェクトは、2020年240月に京都大学と住友林業が共同で立ち上げたもので、2022年にISSの「きぼう」日本実験棟でXNUMX日間以上の宇宙曝露試験が実施されました。 

宇宙での木材の使用はより持続可能です。軌道から大気圏上層部に投下されると、有害な副生成物を一切出さずに完全に分解されます。  

***

参照:  

  1. 京都大学。研究ニュース – 宇宙空間での持続可能性のためのサンプリング。 25 年 2024 月 XNUMX 日に公開。 https://www.kyoto-u.ac.jp/en/research-news/2024-01-25-0  
  1. 京都大学。研究ニュース – 宇宙: 木のフロンティア。京都大学、ISSの日本の「きぼう」プラットフォームで木製スラットを試験する。 31 年 2021 月 XNUMX 日に公開。 https://www.kyoto-u.ac.jp/en/research-news/2021-08-31  
  1. ナノサットのデータベース。リグノサット。 https://www.nanosats.eu/sat/lignosat  

*** 

SCIEUチーム
SCIEUチームhttps://www.ScientificEuropean.co.uk
ScientificEuropean®| SCIEU.com | 科学の重要な進歩。 人類への影響。 刺激的な心。

最新情報のメール配信を登録

すべての最新ニュース、オファー、特別発表で更新されます。

最も人気のある記事

線維症:ILB®、低分子量デキストラン硫酸(LMW-DS)は、前臨床試験で抗線維化効果を示します

線維性疾患はいくつかの重要な臓器に影響を与えることが知られています...

PROBA-Vは人類に奉仕する軌道で7年間を完了します

欧州宇宙機関によって開発されたベルギーの衛星PROBA-V ..

カカポオウム: ゲノム配列決定による利点 保護プログラム

カカポオウム(「フクロウオウム」としても知られる)
- 広告 ​​-
94,567いいね
47,690フォロワー続きます
1,772フォロワー続きます