広告

COP28で開始された「建物のブレークスルー」と「セメントのブレークスルー」  

また, 第28回締約国会議(COP28) 現在UAEで開催中の国連気候変動枠組条約(UNFCCC)、通称国連気候変動会議に向けて、「ビルディング・ブレークスルー」や「セメント・プロジェクト」の立ち上げなど、持続可能な都市開発を目的としたいくつかの取り組みやパートナーシップを発表した。コンクリートブレークスルー』  

ブレークスルー・アジェンダは、協力のギャップを埋めるために COP26 で開始されました。 国際協力を強化し、パリ協定の脱炭素化目標を達成するための気候変動への行動を支援することを目的としている。 それは国際社会に協力的な枠組みを提供します。 「建物のブレークスルー」と「セメントとコンクリートのブレークスルー」はブレークスルーアジェンダの一部です。  

建築部門は、2050 年までに実質ゼロ排出という目標に向けて順調に推移していません。この部門による排出量は、1 年以来、年間約 2015% で増加しています。2021 年の建築および建設部門のエネルギー消費量と二酸化炭素排出量は、34 でした。エネルギー需要の %、炭素排出量の 37%。 運転エネルギー関連のCO2 この部門の排出量は5年と比べて2020%増加しました。この部門はヨーロッパのエネルギー需要の40%を占めており、その半分は化石燃料によるものです。 この部門が今世紀半ばまでにネットゼロという目標を達成するには、明らかに炭素排出量の削減が不可欠です。 これに向けて、50年までに実質ゼロ排出に向けて軌道に乗せるためには、2022年までに運用上の排出量を2030年のレベルから約2050%削減する必要がある。ボトルネックを解消し、気候変動対策を支援するために、この背景で国際協力イニシアチブが開始されている。 同様に、2015 年以降総排出量が増加しているため、セメントおよびコンクリート部​​門も 2050 年までに正味ゼロ排出を達成する軌道に乗っていません。  

国際協力イニシアチブ「ビルディング・ブレークスルー」は、28日のCOP6でフランスとモロッコが国連環境計画(UNEP)と共同で立ち上げた。th 2023 年 21 月、2030 年までに排出量をほぼゼロにし、気候変動に強い建築物を実現するという目標に向けて、建築部門 (世界の温室効果ガス排出量の XNUMX% を占める) を変革する。 ‐制限を設定するか、人々が屋外の変化する条件に適応できるようにする。これには、日よけや自然風の利用などの受動的な設計アプローチを通じて過熱を回避する建物の能力が含まれる。居住者のニーズを考慮し、外の状況の変化に応じて安全、安定、快適な使用を提供します。これまでに XNUMX か国がこの取り組みへの参加を約束しています。ビルディング ブレークスルーへの参加を各国に公募しています。)  

COP28では、カナダとUAEによるセメントとコンクリートのブレークスルーも開始された。 これにより、クリーン セメントが好ましい選択肢となり、2030 年までにセメント生産における排出量がほぼゼロになることに向けて取り組みます。これまでのところ、英国、アイルランド、日本、ドイツがコンクリート ブレークスルーを支持しています。  

「建物の画期的な進歩」と「セメントとコンクリートの画期的な進歩」についてコメントするのは時期尚早です。 しかし、現在の炭素排出レベルと排出量の増加率を考慮すると、XNUMX つのブレークスルー イニシアチブの開始は正しい方向への一歩です。 まだ約束を約束している国は多くありません。 中国やインドなどの国々による支援は大いに役立ちますが、経済発展目標により、これらの国々の参加が制限される可能性があります。  

*** 

ソース: 

  1. 画期的なアジェンダ https://breakthroughagenda.org/ 
  2. COP28での国際エネルギー機関(IEA)。 ブレークスルー アジェンダ レポート 2023。以下で入手可能です。 https://www.iea.org/reports/breakthrough-agenda-report-2023  
  3. UNEP 2022. プレスリリース – 建物や建設からの CO2 排出量が過去最高を記録、セクターは 2050 年までの脱炭素化に向けた軌道から外れる:国連。 で入手可能 https://www.unep.org/news-and-stories/press-release/co2-emissions-buildings-and-construction-hit-new-high-leaving-sector  
  4. COP28。 プレスリリース – COP28は、持続可能な都市開発を推進するための新たなパートナーシップと取り組みを発表。 で入手可能 https://www.cop28.com/en/news/2023/12/COP28-announces-new-partnerships-and-initiatives 
  5. UNEP。 プレスリリース – 建物のブレークスルー: 2030 年までにほぼゼロ排出でレジリエントな建物を世界的に推進する取り組みが COP28 で発表。 で入手可能 https://www.unep.org/news-and-stories/press-release/buildings-breakthrough-global-push-near-zero-emission-and-resilient  
  6. UNEP。 気候に強い建物とコミュニティのための実践ガイド。 で入手可能 https://www.unep.org/resources/practical-guide-climate-resilient-buildings   
  7. 世界セメントおよびコンクリート協会。 ニュース – カナダは COP28 でセメントとコンクリートのブレークスルー イニシアチブを開始します。 で入手可能 https://gccassociation.org/news/canada-launches-the-cement-concrete-breakthrough-initiative-at-cop28/  

*** 

ウメシュプラサド
ウメシュプラサド
科学ジャーナリスト | 『Scientific European』誌創設編集者

最新情報のメール配信を登録

すべての最新ニュース、オファー、特別発表で更新されます。

最も人気のある記事

人工胚は人工臓器の時代を迎えるか?   

科学者たちは、哺乳類の胚の自然なプロセスを再現しました...

自己増幅 mRNA (saRNA): ワクチンのための次世代 RNA プラットフォーム 

のみをコードする従来のmRNAワクチンとは異なり...

COVID-19のオミクロンバリアントはどのようにArisenを持っている可能性がありますか?

非常に珍しくて最も興味をそそる機能のXNUMXつ...
- 広告 ​​-
94,863いいね
47,632フォロワー続きます
1,772フォロワー続きます